ノコア

MENU

正しい塗り方で効果アップ!妊娠線を早く改善するためには?

ノコアを実際に購入する前に知っておきたいことは
正しい塗り方ですよね。

 

折角のクリームを無駄にしないためにも、
より一層効果を高めて妊娠線を早く改善するためにも
是非知っておきたいことです。

 

どの様な塗り方が良いとされているのでしょうか?

 

 

ノコアは朝晩1日2回塗るというのが基本です。

 

夜はお風呂からあがった後に塗るのがお勧めです。

 

血行が良くなっているためクリームの成分が
通常よりも浸透しやすくなっています。

 

更に手のひらで温めてから塗ることによって
効果を高めることができます。

 

塗りながらマッサージをするのも良いですね。

 

マッサージをするとお肌が柔らかくなり、
ターンオーバーの期間も早くなります。

 

妊娠線が出来ている真皮層はターンオーバーが
とても遅い部分ですのでマッサージは有効です。

 

 

ノコアの塗り方は決して難しいものではありません。

 

基本を守って毎日継続して塗ることによって、
徐々に効果があらわれてきます。

 

クリームを塗りながら睡眠を充分にとって
バランスの良い食事を心がけていれば
かなり早く効果も実感できるでしょう。

正しい塗り方によって浸透する成分とは一体なに?効果は?

ノコアは成分を妊娠線ができている真皮層にまで
届けることによって妊娠線の改善をします。

 

より一層成分をお肌の奥まで届けるための
塗り方を紹介しましたがその成分とは
一体どんなものなのでしょうか?

 

 

中に入っている成分で一番注目したいのは
新型ビタミンC誘導体です。

 

この新型ビタミンC誘導体は今までのものの
200倍もの浸透力を持つといわれています。

 

これほど高い浸透力を持つからこそ、
お肌の奥にある真皮層にまで影響を
及ぼすことができるんですね。

 

この新型ビタミンC誘導体の働きとしては、
保湿、コラーゲンの生成、メラニンの抑制と分解、
抗酸化と引き締めとなっています。

 

乾燥が妊娠線の原因ともなっていますので
高い保湿力は欠かせないものです。

 

引き締め効果もありますのでお肌のたるみを
改善する働きも期待できます。

 

 

ここにFGFという美容成分が加わることによって
お肌は正常な状態に戻ることができます。

 

ノコアは正しい塗り方で塗ればこの新型ビタミンC
誘導体とFGFが真皮層にまで浸透して妊娠線を
綺麗に改善することができるのです。

 

 

→ノコアの妊娠線を改善する成分とは?